外壁の補強 家具の固定 看板の取り付け

建築材ではもちろん、様々な場面でドリルねじが活躍しています!


■ ドリルねじとは

ドリルねじとは?説明文



ドリルねじとはタッピンねじの先端が
ドリル状になっているもので、工具による
下穴あけ・タップによるメネジ形成・締め付け
すべてをドリルねじ1本で行うことができる
作業の省力化に大変優れたねじです。


今まで必要だったこの作業 穴あけ・タップ立て・締め付け、つまりドリルねじなら
トリルねじなら簡単に作業省力を実現します

ドリルねじの頭部形状は4種類あり、
十字のなべ、皿、皿小頭、シンワッシャーです。
当社はピアス販売(株)製のドリルねじを採用。
他社製品と比べ、低加重でも安定した切れ味を発揮します。

■ ドリルねじ商品データ

※ドリルねじの規格・仕様です。

ドリルねじ商品データ(規格・仕様表)
  • ※上記は全て測定値であり保証値ではありません
  • ※上記の測定値はねじ部の強度です
  • ※ピアス販売(株)のカタログより引用

■ 使い方・使用上のご注意



   ・電工具メーカー各社のテクス用ドライバ(2,000~2,500回転/分)をご利用下さい。

    回転数が低い場合・・・相手材が貫通しない。

    回転数が高い場合・・・ねじ破断、焼付け等のトラブルを招きます。


  ・インパクトドライバを使用する場合は、トルクオーバーの可能性が高く、ジグ破断や頭飛び等のトラブルが発生しやすい為

   ご注意ください。


  ・当社取扱いのドリルねじは下地材・取付相手材がともに鋼板である場合に適しています。

   また、ねじサイズによって適応板厚が変わりますのでご注意ください。

適応板厚