アルミニウム

材質解説一覧へ

アルミニウムは密度が鉄の約1/3であり、導電性、熱伝導性などに優れています。

【特徴】
・軽量である  ・高比強度  ・導電率が高い

ねじ類で利用される主なアルミ材

用途 区分 記号 JIS 特性
ねじ等 線材 A5052 4040 中程度の強度があり、耐食性、溶接性が良い。
リベット用材、一般機械部品など
ねじ・ボルト・ナット等 線材 A5056 4040 耐食性、切削加工性、陽極酸化処理性が良い。
光学機器・通信機器部品、ファスナなど
キャップボルト等 線材 A7050 4040 腐食に強い
ワッシャ等 板材 A1050 4001 純アルミニウムのため強度は低いが、熱および電気の伝導性は高く、溶接性、耐食性が良い。

※注意 アルミねじと他金属との使用は腐食(電食)の恐れがあります。

特性比較(参考)

  線膨張係数(K-1 縦弾性係数(GPa)
アルミ 24×10-6 72
12.2×10-6 205.8
鋳鉄 12.1×10-6 117.6

※上記数値は代表値であり規格値ではございません。

化学成分(化学成分%)

合金番号 Si Fe Cu Mn Mg Cr Zn Bi Pb Zx
Zn→Ti V
Ti その他 Al
1050 0.25 0.40 0.05 0.05 0.05   0.05 - 0.03 0.03 99.50
2011 0.40 0.7 5.0~6.0       0.03 Bi 0.20~0.6
Pb 0.20~0.6
-  0.15 残部
5056 0.30 0.40 0.10 0.05~0.20 4.5~5.6 0.05~0.20 0.10 - - 0.15 残部
5052 0.25 0.40 0.10 0.10 2.2~2.8 0.15~0.35 0.10 - - 0.15 残部
7050 0.12 0.15 2.0~2.6 0.1 1.9~2.6 0.04 5.7~6.7 - 0.06 0.15 残部
表示は最大値です
(例)  0.25以下