フェノール樹脂(ベークライト)

材質解説一覧へ

フェノール樹脂(ベークライト)は、フェノールとホルムアルデヒドを原料とした熱硬化性樹脂の一つで、世界で初めて植物以外の原料より、人工的に合成されたプラスチックです。電気的、機械的特性、耐熱性、耐薬品性に優れています。
耐熱性が要求される自動車部品や、絶縁体などとして電気製品に利用されています。

フェノール樹脂の材料性質

特性 試験法 ASTM 単位 性能値
物理的化学的性能 比重 JIS K 6911 - 1.35
成形収縮率 -
吸水率 1.20以下
加熱後の外観 ℃・2hr. 160
荷重たわみ温度 -
耐熱性 UL94 - -
アンモニア量 JIS K 7230 -
耐アセトン性 JIS K 6911 - 良好
機械的性能 曲げ強さ JIS K 6911 MPa 98-127(層に垂直)
Kgf/mm2 10-13(層に垂直)
曲げ弾性率 MPa -
Kgf/mm2 -
アイゾット衝撃強さ kJ/m2 3.9-5.9(層に平行)
Kgf・cm/cm2 4-6(層に平行)
引張強さ MPa -
Kgf/mm2 -
圧縮強さ MPa -
Kgf/mm2 -
ロックウェル硬度 (HR・M) -
電気的性能 耐電圧 JIS K 6911 MV/m 10以上(貫層)
絶縁抵抗(常態) Ω 109-1010
絶縁抵抗(煮沸後) Ω 107-108
耐アーク性 sec. -
耐トラッキング性 IEC 112 CTI(V) -

※上記数値は代表値であり、規格値ではございません。