インサートナット一覧EU-RoHS対応品

インサートナット 圧入式

インサートナットは樹脂成型後使用されるインサートです。成型時に形成した挿入穴に圧入、熱圧入方法によりインサートナットを挿入しめねじを形成するものです。

金属ナット

ダッヂインサート

使用方法:
圧入(先端部をポンチで拡張)
適合樹脂:
熱硬化性樹脂・熱可塑性樹脂
形状:
十字割り入り
特徴:
薄い肉厚の相手材にも使用可能

ウルトラサートⅡ

使用方法:
熱圧入
適合樹脂:
熱可塑性樹脂
形状:
テーパー(先細)
特徴:
セットしやすく熱伝導率が良い

ウルトラサートⅣ

使用方法:
熱圧入
適合樹脂:
熱可塑性樹脂
形状:
円筒状の非対称ローレット
特徴:
熱による相手部材の変形(ボス表面のひけ)が起きにくい

インサートナット(イリサート) ねじ込式

ねじを締付けるようにして取り付ける、めねじ強化用のインサートナットです。イリサートは切削加工により成形されている為、従来のコイルタイプのインサートナットと異なり、取り付け時に起こりがちなピッチ飛びが無く、ボルトの着脱を行っても形状の変化がありません。取り付けには、別売りの専用工具が必要です。

金属ナット