ノルトロックワッシャ NORD-LOCK

ノルトロックワッシャは、そのクサビ状のカム形状により摩擦抵抗(Friction)ではなく張力(Tension)を利用したゆるみ止めワッシャです。
発電エネルギー、運輸、油田採掘(オフショア)、鉱業・採石、建設・架橋、製造・加工、造船、農林、大型輸送機器、軍事などの様々な業界で使用されています。

ノルトロックワッシャの材質/タイプ表

材 質 鉄・SC材(材質EN1.7182あるいは相当品) ステンレス(EN1.4404あるいは相当品)
適用例 スチール全般 ステンレススチール全般。塩素/酸のない環境
処 理 完全焼入れ 表面焼入れ
表面塗装 デルタプロテクトのベースコート(KL100)
およびトップコート(VH302GZ)
-
ワッシャ硬度* ≧465HV1 ≧520HV0,05
耐腐食性 耐腐食性600時間以上の塩水噴霧試験(ISO9227に準ずる) PRE値27**
使用可能ボルトグレード 12.9まで A4-80まで
使用温度範囲*** -20℃~200℃ -160℃~500℃
  • * ノルトロックワッシャのユニークなロック機能を保つためには、相手材の表面硬度が、ノルトロックワッシャの硬度より低くなければなりません(上記表を参照)。
  • ** PRE値(孔食指数値)=%Cr+3,3x%Mo+16x%N表の値は、基本材料に対するものです。
  • *** 推奨使用温度は、原材料サプライヤからの情報に基づいています。上記範囲内では、ロック機能に影響はありません。

ノルトロックワッシャの使用例

  • 通常のタップボルト穴
    ノルトロックワッシャが、表面に対しボルトを安全に締付けます。

  • スタッドボルト
    ノルトロックワッシャがスタッドボルトにナットを安全に締付けます。接着材を使う必要はありません。

  • 座繰り穴
    標準タイプのノルトロックワッシャの外径は、DIN 974規格の座繰り穴に合わせて設計されているため、ワッシャが標準ボルト頭部の下にぴったり納まります。 (但しクリアランスを確認下さい)。

  • 穴が大きいものや長穴、または相手材表面が柔らかい場合
    下穴が大きい / 長穴の場合、または柔らかい相手材表面で使用する場合、荷重分散が最適になるよう、外形が幅広のノルトロック“SP”ワッシャと一緒にフラ ンジボルト / ナットをお使いください。

  • 貫通穴
    すべての締付ワッシャと同様、貫通穴には、2組のノルトロックワッシャ(1組はボルト固定用、もう1組はナット固定用)が必要となります。
    締結は両方のワッシャのカム面同士を確実に締めていただく為に、ボルト側を締結する際はナット側を固定しておく必要があります。

  • ノルトロックワッシャの使用をお薦めしない設計
    ・相手材が定位置に固定されない場合(左図参照)
    ・相手材の硬度がワッシャの硬度より高い場合
    ・相手材が非常に柔らかい場合(木材、プラスチックなど)
    ・なじみ量が極めて大きいアプリケーションの場合
    ・締結部が軸力で保持されていない場合