インサートナット

用途

インサートナットは樹脂成型後使用されるインサートです。
成型時に形成した挿入穴に圧入、熱圧入方法によりインサートナットを挿入しめねじを形成するものです。
下記の特徴を確認のうえ選定してください。

  品名 品番 特徴 使用
方法
適合樹脂
ダッヂインサート
(スタンダード型)
HSD 拡張方式で相手材を選ばず使用できる。
十字割り入り形状。
薄い肉厚の相手材にも使用可能。
拡張 熱硬化性
熱可塑性
ダッヂインサート
(フランジ型)
HFD
ビットインサート
(スタンダード型)
HSB 基本型汎用タイプのインサートナット。
コストバランスが良い。
容易に使用でき、成型後インサートとしてあらゆる場面で使用できます。
熱圧入
圧入
熱可塑性
ビットインサート
(方向指定なし)
HSB-Z
ビットインサート
(フランジ型)
HFB
ウルトラサートⅡ HUD-2 テーパー形状。
セットしやすく熱伝導率が良い。
保持力最強の成型後熱圧入インサート。
熱圧入 熱可塑性
ウルトラサートⅣ HUD-4 非対称ローレット形状。
引張り、トルクの強度に優れる。
熱圧入 熱可塑性
ウルトラサートⅣ
(フランジ型)
HFU-4 熱圧入 熱可塑性
ミニビット
インサート
HMIB ミニサイズのインサートナット。
成型品の小型化、軽量化に対応。
熱圧入
圧入
熱可塑性